棟方志功



コンテンツ








棟方プロジェクト

リンク集





棟方志功画伯は筆マメなお方で、親しい人びとに送られた多くの書簡が残されています。
独特な表現や文字から芸術家、棟方画伯のお人柄に迫る事ができます。
ここでは光徳寺前住職・高坂貫昭さんや女医・松井寿美子さんと交わされた書簡から棟方志功の人柄を感じてみませんか?
棟方志功と福光人とのふれあい。
そこには、知らなかった棟方志功の人柄が垣間見えます。(隣の年号をクリック)

棟方志功画伯を福光駅に出迎えた斎に、丁度、松井寿美子女医と道で遭い画伯を紹介することになるのだが、その時住職は「棟方が来ることになりました。福光の文化が変りますから」といって随分驚いたものですと後年、女医から聞かされた。

はがきに出てくる福光の場所に行ってみよう!

>>地図を見る
子供は「あんなのはおかしい」と言いました。三、四年あとになりますが、

うちのだいじなからがみに
棟方志功が絵をかいた
僕よりへたな絵をかいて
うまい、うまいとほめていた

という詩を作っています。 これは、当時の福光の方たちの素直な反応だったと思います。 棟方志功とその家族たちは、 昭和20年春に疎開でこちらに来ましたが、高坂さんと、 女医の松井先生たちなど数人の方たちは理解してくださいましたが、 町の方たちにはよくわかっていただけなかったと思います。