棟方志功



コンテンツ








棟方プロジェクト

リンク集





「棟方志功が暮らしたまち福光」
30周年記念「愛染忌」
平成25年9月13日(金)〜15日(日)詳細はこちら(PDF)

福光美術館 展示会図録より


「そう、この版画のように、自分の言い放題、思い放題言ったって、案外そういう僕が、今、あの目の赤い、頭の皿の水がいっぱい、亀の子のような腹をして、小さい子供のような格好のあの河童に化かされているんじゃないかなぁ。
いや化かされたっていいですよ、そんな、うん。ねえ、いい気持ち、仕事も話もできたんですもの、ありがたいと思わなくちゃ。うん、ほんとー。ちょっとあの法林寺の鐘が鳴って、いいじゃありませんか。ここらのもやもやした夕暮の空気をもっと穏やかにしているではありませんか。蛍も法林寺蛍というと大きい、普通の源氏蛍じゃないですものねぇ。そういう景色の中に、あの瞞着川のそばでしゃがんでいるうちに、またひき込まれる(注=河童は人間を川に引 き込んでおしりを抜くといわれる)ような気がしますから、もうここを立ちましょう。」

まるでこの世の皆様へのお別れの言葉のようですね…。


棟方志功最後の仕事、安川電機カレンダー「騙着川版画巻」12月の解説 宇賀田氏講演会より

棟方志功をいつまでも愛する人々・・・

現在、福光では画伯の作品などの偉業を通して、画伯の人となりを良く知り、町民の一人として、自らが学び、そして身近な人や、中心商店街を訪れた人に少しでも伝えていきたいと、様々な活動をしています。その活動を紹介します…。

棟方志功を知る展示会
ストリートミュージアム「棟方志功展」

墨跡(拓本)
「棟方志功記念館と石崎俊彦氏」