棟方志功



コンテンツ








棟方プロジェクト

リンク集
棟方志功生誕100年イベント一覧


棟方志功生誕百年を迎える今年、福光ではたくさんの記念イベントがあります。イベントに参加して棟方志功をもっと知って、もっともっと好きになって下さい。

▼注目のイベント!
生誕百年記念「棟方志功展」
場所:福光美術館
とき:平成15年6月21日(土)〜7月27日(日)

仙台からはじまり全国6都県で巡回する展示会です。
ここ福光美術館では、福光時代のものを中心に美術館独自の収蔵品もあわせて展示。今、ここでしか見れない展示会です。

▼注目のイベント2!
もうひとつの棟方志功展
場所:ミュージアム吉江家
とき:平成15年6月21日(土)〜7月22日(火)

なんといってもみどころは、福光町の町内の人たちからお借りした棟方志功作品。美術館では見れない作品が目白押しです。
その他 記念はがき、棟方志功の本などの即売も!


座談会「棟方志功の人と作品を語る」


場所:福光美術館
とき:6/21(土)午前10:50より


対談者: 棟方 令明氏(棟方板画美術館館長・志功次男)
  峠 初郎氏(当時小学校教諭・元校長・書家)
ゲスト: 表 立雲氏(書家・玄土社主宰)
  井沢 裕氏(棟方令明氏の同級生・町議)
  土居 邦雄氏(志功の家「鯉雨画斎」元持ち主)
  勝山 栄氏(介護老人ホーム会長)
進行役 尾山 章(福光美術館館長補佐)


ふくみつ街中にぎわい壱号館「ミュージアム吉江家」
棟方志功 生誕100年記念 棟方志功展


場所:ふくみつ街中にぎわい壱号館「ミュージアム吉江家」
とき:6月21(土)〜7月22日(火)
入場料:無料


開館時間:平日/午後12時から4時
土曜・日曜/午前10時から午後4時
休館日:火曜日

出品目録 書「水中石像・・・」
  寶果菜々図
  とうたらりの柵
  掛軸 詩君放香図
  観音経板画巻 小王の柵
  東海道 藤川燈石際の柵
  自画像 柏樹の柵           など

その他 記念はがき、棟方志功の本などの販売もしております。


小泉ちよゑ講演会「福光時代つれづれ」


場所:福祉会館 3階・しゃくなげホール(入場料無料)
とき:6/28(土)
午後2:00より

主催:棟徑の会  共催:福光地区同級生有志
後援:福光町教育委員会

鯉雨画斎のために描かれた8点の絵手紙から福光疎開時代の思い出と、出逢いを語っていただきます。


小泉ちよゑ絵手紙教室


場所:福祉会館 2階研修室
とき:6/29(日)午前10:00〜12:00


定員:30名(初心者大歓迎、受講料無料)
水彩道具、はがき、濃い目の鉛筆を持参
お申込:福祉会館 TEL.0763-52-3022

講師略歴
昭和10年 棟方志功の次女として東京で生まれる
昭和20年 小学3年のとき、棟方一家と共に福光町に疎開。小・中・高校1年を福光で過ごす。
昭和27年 東京へ帰る
昭和37年 結婚し小泉となり、現在に至る。

この間油絵を勉強し、創造美術協会会友、秋耕美術会員。
その一方で絵手紙教室に携わり、現在、地球絵手紙ネット協会副会長。
千葉県市川市在住


版画講座


場所:福光美術館 研修室
とき:7/6(日)午前10:00〜午後4:00まで


指導 尾山章 (福光美術館館長補佐)

受講生募集: 先着20名様 会費1,000円(実費)
申込み先:福光美術館 TEL.0763-52-7576
摺り実演: 7/6(日)午後2:00〜3:00(無料)
福光美術館ロビー
実演 大塚喜加子氏(日本版画会準備会員)


ジュディ・オング木版画展


場所:福光美術館ギャラリー「フォンターナ」・研修室
とき:7/19(土)〜7/27(日)


主催:福光ねつおくり七夕祭り実行委員会 


ジュディ・オング トークショー


場所:福光町福祉会館三階ホールにて開催
とき:7/22日(火) 午前11:30より


ラモヴェールアートセミナー・初夏の巻・志功生誕100年記念


石井頼子『祖父 棟方志功を語る』

場所:ラモヴェール本館・別館
とき:7/5(土) 午後3:30より
会費:お1人様3,000円(後援終了後のティーパーティ代を含む)


石井頼子さん:母上が棟方志功のご長女。棟方版画美術館学芸員。

お問い合わせ/お申込み
レストラン ラモヴェール/ティアンドケイ
TEL:0763-52-0878
場所:富山県西砺波郡福光町川西1120


柳宗悦の心と目「砺波地方に伝わった民藝と土徳展


場所:ギャラリー丸友(城端町千福113)
とき:6/20(金)〜6/30(月) 午前10:00〜午後18:30


主催:となみ民藝協会  共催:ギャラリー丸友
協賛:吉江栄川堂    後援:北陸中日新聞社

城端別院は『美の法門』執筆の地であり、柳宗悦とその同人は砺波地方に大きな精神的影響を残しました。
念仏信仰の『土徳』が衰退し砺波地方における民藝運動の先覚達の業績が忘れられようとしている今日、そのことを次代を担う方々に一人でも多く再認識していただくことを期待して開催します。

展示作品: 柳宗悦蒐集古民藝品 15点>
  となみ民藝協会蒐集品約 100点
展示即売: 民芸作家作品
(棟方志功 約10点・河井寛治郎・浜田庄司・島岡達三ほか
  古民芸品 多数