ホーム >2015年6月2日(火)

公的年金情報の流失

     このところ、
     パソコンが重い。
     気分だけのことでは無いようだ。

     おまけに、
     急激なスパムの増加。
     配信停止やソフトで駆除しているが、
     なかなか追っつかない。

     なかには、つい開きたくなるような
     巧妙なものも多い。

     公的年金の
     個人情報が、15万件以上、
     大量に流失。責任者が
     頭を下げて陳謝すれば済む話ではない。

     週間マンガMに
     連載されている、ネット犯罪の
     裏街道の話。すさまじい世界。


     すべて、実話にもとずく
     闇の世界のノンフィクション。
     振り込め詐欺の親玉を叩くという、
     妙なグループ同士の壮絶なバトル。
     そこでの基本は、

     個人情報の精度が
     どれだけ高いか

     その入手に命を懸ける。

     公的年金の個人情報流出より、
     もっと恐ろしいのは、
     この秋施行の

     マイナンバー制度。

     個人の収入、支出、納税歴、
     預貯金、財産、福祉、
     病歴にいたるまで1枚のカードに。
     流失したら、丸裸である。
     しかも、全国民対象だから、
     規模や、影響は予想もつかない。

     理想をいえば行革効果は大きいはずだが、
     セキュリテイは万全というけれど、
     そのつど100億単位の
     おカネが動く。

     知恵比べ中のネット犯罪で、
     ベテランの手にかかれば、
     たやすい事態になるかも。
     そのことをいちばん知っているのが、
     国である。

     やだね。 


  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS